印鑑の書体選び

イメージ画像

みなさんの印鑑、認印の文字の書体ってどんなものですか?印鑑の書体というのはたくさんあるんです。はんこ屋さんのそのお店などによってつくってもらえる書体というのは違うとは思いますが、印鑑の種類やその使い道によって、また私たちの好みを取り入れながらつくるものです。

実印や銀行印というものは普段人目に晒すものではないし、誰にでも簡単にその書体を判読されてしまう、また、まったく同じものをつくられてしまうということは避けなくてはいけません。
それはなぜかというと、銀行印や実印というのはあなたの大切な財産に関する証明をするものであることがほとんどで、もし偽造されてしまったら財産を住めて失う、なんていうことにもなりかねません。

【実は印鑑や銀行印はネットで買うのがお得】
印鑑には様々な種類があります。実印、銀行印、社印、認め印など。自分に合った印鑑をぜひ激安通販サイトで見つけてください。


その反面認印はきちんと誰の印鑑であるのかということが分かってもらえないといけません。
認印は使用頻度が非常に高い印鑑なのはご存知でしょうけれど、もし判読しがたい書体の場合、たとえば署名(記名)捺印という場合であれば名前が記載されているのでなんとなく読めたとしても、会社の書類に肩書きがかかれた場所に押されたものがさっぱり読めないものだったら困ってしまいます。

認印は仕事以外にも日常での使用頻度がとても高いものであるだけに、誰のものだときちんと分からなくてはいけません。偽造などの悪用されることは避けなくてはいけないけれど読みやすい印鑑をというのであれば、それはやはり印鑑の専門店できちんとつくってもらうのが一番です。

〔オフィスの頼もしい味方をご紹介!〕
スタンプ台なしで、続けて捺印できる便利な印鑑をお求めなら、
サンビーはんこの専門店《サンビー館》にお任せください!
業務の効率化に役立つ日付印・データ印を激安価格でご提供しております。

このページの先頭へ